外来診療

外来診療

良藤醫院では体の不調やちょっとした症状が気になるとき、自分だけでなく、ご家族の健康が気になる時など、ご家族みんなでいつでも気軽に相談できる、地域の「かかりつけ医」として、患者様やご家族の在宅療養や健康維持のサポートを行っております。また、内科に関わらず全科目に対応を行っています。 何科にかかれば良いのか分からない時や、些細なことでも気軽にご相談ください。各科専門医の診察が必要な場合は全国の適切な専門医の先生や病院をご紹介いたします。

診療科目

ライン 青

診療科目

ライン 黄

診療内容

内科

内科とは一言で言うと主に体の臓器(内臓)を診療する科の総称です。一般に風邪や腹痛などの症状がみられた場合に対応することが多い科になります。また内科と言っても血液、循環器、消化器、内分泌、呼吸器、免疫、腎・膠原病と診なければならないものが多岐に渡るため、消化器内科、呼吸器内科、神経内科等病院によっては細かく分けられている場合もあります。
内科 写真

内科と外科の違いとは?

内科と外科、聞いたことはあるけれど、どう違うのかまでははっきりとはわからない人も多いかもしれません。
内科とは薬や指導等を行いしっかり時間をかけて治療するやり方となります。こちらは外科に比べると体の負担が少なくて済むことが多く、内科で対応可能なものであれば内科にて対応することが多いです。
外科とは、手術などを行い病気・けがに対して早く治すのが特徴です。ただし、手術を行うとなると体への負担もかかってくるのも特徴です。

体に異変を感じた時どの科にかかったらいいかわからない時は・・・

体に異変を感じた際に
・体の調子が悪いけど、どこの科にかかればよいかわからない
・体の不調が続くけど何が原因かわからない
・体の調子が悪いのは自覚しているが、それをうまく言葉にできない・・・
等々体の調子が悪くなった時どこの科にかかるか悩むこともあると思います。
そのような時はまず内科、一般内科にお越しください。内科では問診等を行い病気の原因を特定することも行っております。場合によっては外科等、他の科に案内もしております。

整形外科

整形外科が対象とする疾患は非常に幅広く、スポーツ障害や労働災害、交通障害、捻挫や骨折などの外傷、小児整形外科など全てが含まれています。 そこで行なわれている治療内容も多岐にわたり、手術や薬物療法、リハビリなど症状や病態に合わせて適切なものが選択されることになります。
整形外科 写真

どんな時整形外科にかかればいいの?

整形外科は外傷や日常生活で生じる痛みを診療するものになります。具体的に言うと骨折や脱臼、打撲、切り傷などの外傷あるいは、肩こりや腰痛、関節痛などの日常的に生じる身体の痛みや違和感なども含まれていて、それに対して整形外科は病気やけがを治すだけでなく、動機能をもとに戻すためのリハビリテーション(リハビリ)も治療内容に含まれています。つまり、整形外科では外傷・病気になった際に、外傷・病気になる前の状態、今まで通りの生活を行うことができる状態まで戻すことを目的とした治療を行っています。

形成外科と整形外科の違いとは?

形成外科とは身体表面に対して治療することを目的とした診療科です。例えば体にできたあざや、やけどの跡等体の見た目における不調を治療することを目的としています。
整形外科では体の機能を元の状態に戻すことを目的とした治療を行っております。

接骨院と整形外科

接骨院では接骨医と呼ばれることもあるため医師であるイメージを持ってしまいますが、正確には「柔道整体師」と呼ばれる資格で医師ではありません。そのため接骨院で行われるのは医療行為ではなく、外科的療法・薬物療法ではなく応急的・医療補助的な方法でその状態を回復させることを目的に行います。また、脱臼、骨折に対して施術を行う場合医師の同意が必要になるため、柔道整体師が医師の同意なしで行える施術は捻挫と打撲のみに限られます。

皮膚科

皮膚科とは手足、顔、身体から耳、鼻、口の中まで器具を使わずに肉眼で見える範囲が皮膚科の診察範囲です。また、爪や毛髪も皮膚科の診療範囲に含まれます。
また、皮膚は全身の鏡であるともいわれています。身体の内部のいろいろな病気が皮膚の変化として現れることも多いのです。
皮膚は内部の臓器の不調とは違い肉眼で確認することができます。皮膚の異変は何かの病気のサインであることもあります。皮膚に異変があった際には皮膚科へお越しください。
皮膚科 写真

皮膚科で扱う病気

アザとホクロ、汗の病気(多汗症と無汗症)、アトピー性皮膚炎、イボ、ミズイボ、ウオノメ、かぶれ、蕁麻疹(じんましん)、脱毛症、とびひ、ニキビ、白癬(水虫・たむしなど)、ヘルペスと帯状疱疹、虫さされ、やけど、痒疹・かゆみ等があげられます。

呼吸器科とは

呼吸器疾患をあつかう内科の専門診療科目。気管および気管支,肺,胸膜のさまざまな病気が含まれています。すでに診断のついている患者のほか,咳,痰,血痰,喀血,息切れ,呼吸困難,胸痛などの症状をもつ人や,健康診断などで胸部X線写真の異常陰影を指摘された人などが訪れます。のど(咽頭,喉頭)の病気は耳鼻咽喉科であつかいます。胸痛などは,心臓や胸壁の病気(肋間神経痛や肋骨骨折など)でも起こることがあり,それぞれ循環器科,整形外科の領域に属します。
呼吸器科 写真

呼吸器科で扱う病気

風邪、気管支炎、肺炎、インフルエンザ等の感染症、肺気腫、気管支喘息、胸膜炎、自然気胸、気管支拡張症、肺がん、睡眠時無呼吸症候群等

消化器内科

消化器内科は口からお尻までの食べ物が通る約9メールの管(食道、胃、小腸、大腸)とそれに連なるだ液腺や肝臓、すい臓、胆のうなど広い領域の病気を扱う科となっています。
消化管は食物を消化、運搬し、最後には糞便として排泄する働きを持つため、炎症などの器質的疾患だけでなく、便秘や逆流性食道炎などの消化管運動不全に伴う機能的疾患も多いのが特徴です。
そのため、胃や胸の痛み、胃もたれ、食欲不振、腹痛、便秘、下痢など症状も多岐にわたります。
消化器内科 写真

消化器内科で扱う病気

逆流性食道炎、急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、急性腸炎、出血性大腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患や、食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍や、粘膜下腫瘍やポリープなどの良性腫瘍や、食道アカラシア、腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群などの機能異常症が該当します。

泌尿器科

泌尿器科は腎実質と腎盂・尿管・膀胱・尿道から成る尿路、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜における発生母地や病理組織像も多岐にわたる部位の病気に対して対応しています。
泌尿器科 写真

泌尿器科で扱う病気

腎不全などの疾患、尿路結石や前立腺増大、尿失禁などの排尿機能に対する疾患、腎実質と腎盂・尿管・膀胱・尿道から成る尿路、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜における発生母地や病理組織像も多岐にわたる部位にできる腫瘍、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどがあります。

アレルギー

アレルギー科はアレルギー疾患を担当します。そもそもアレルギーは食べ物、ダニ、花粉など、本来は病原性のないものに対して、人間の免疫過敏に反応してしまう現象のことを指しています。原因物質が同じでも症状が人によってことなるのも特徴として挙げられます。
アレルギー 写真

アレルギーの症状例

食物アレルギーを持つ人は、卵や牛乳、小麦、大豆等の食物アレルゲンがあります。食べてからしばらくするとじんましんや嘔吐、腹痛、下痢、ショック状態がみられます。
鼻から吸い込むアレルゲンには、ダニや塵、カビ、フケ(ペット等)等のハウスダストがあります。これらは、鼻水、頻繁なくしゃみ、鼻の痒み、喘息の様な息苦しさ、気管支喘息、鼻炎などの気道アレルギー症状があります。
他にも、皮膚から侵入するアレルゲンでダニや塵の存在があります。
アレルギー症状には、かゆみや湿疹、赤み、ただれなどが現れます。皮膚アレルギーで代表的なものに、アトピー性皮膚炎があります。

禁煙外来

「病院の禁煙外来は、費用が高いのでは」と、心配している人もいると思います。 実は、禁煙治療は、健康保険等を使って受けることができます。自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度となっています。
禁煙外来 写真

保険対象基準

禁煙外来にて禁煙治療を受ける為には、患者側に各種の条件が必要とされ、これらの条件を全て満たした場合にのみ、診療報酬請求を行う事ができます。一つでも条件を満たさない場合は、自由診療(全額自己負担かつ診療所の自由な価格設定で消費税の課税対象)となります。
・患者自らが禁煙を望むこと
・ニコチン依存症診断用のスクリーニングテスト (TDS) を行い5点以上の診断された者
・喫煙年数と1日の喫煙本数を掛けた値が200以上であること
・治療方法に関しての文章を読み、治療に関する承諾書を記述すること
飲み薬による治療は初診から12週間、貼り薬による治療は初診から8週間が標準治療期間となります(保険適応期間は両薬剤で若干の違いがあり、内服薬では禁煙外来保険適応期間と同じく12週間、貼付薬では10週間までであります)。ただし、医師が必要と認めた場合には、それぞれの薬剤について別に定められた範囲内での処方がなされることもあり得ます。この場合、前述の保険適応期間を超える範囲の費用については、診察料・薬剤費用などを含めて全額自己負担となります。

減感作療法

アレルギーの唯一の根治療法として、減感作療法があります。皮下注射を数日おきに行う皮下免疫療法、舌下に薬液や錠剤を毎日置く舌下免疫療法があります。
減感作療法 写真

皮下免疫

保険診療が可能な抗原の種類は、鳥居薬品製のスギ・ダニ・ハウスダスト・ブタクサ・カンジダなどです。
ただ、日本で認可されている抗原の数はそれほど多くないので、そのほかの抗原(カビ混合・白癬菌など)をご希望の方には、自由診療で承っております。

舌下免疫

スギを対象としたシダトレン®と、ダニを対象としたアシテア®・ミティキュア®が保険適応です。併用も可能です。
舌下免疫をされた方の多くが、翌期の花粉シーズンを快適に過ごすことができています。注射の痛みがないことがメリットとして挙げられます。服薬の継続ができるかどうかがポイントです。

予防接種

予防接種 写真

インフルエンザを接種希望予定の患者様へ

昨年度はワクチン不足にて、皆さまに大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。
今年度予約については、下記の期日を予定しております。
接種開始日
インフルエンザ予防接種 第三回目の予約を受付中
接種料金
大人(13歳以上) 3,000円/1回接種
子供(13歳未満) 2,000円/1回接種
集団接種(出張) 3,500円/1回接種

※4回目以降の接種はワクチンの入荷によって順次お知らせ致します。

※御予約に関しましても決まり次第お知らせいたしますので、もうしばらくお待ち下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

予防接種についてもっと見る

健康診断

健康診断 写真
健診 検査内容 料金(税込み)
一般健診(保険証) ・血液検査
・胸部レントゲン
・骨塩定量検査
・尿検査
・心電図
・糞便中ヘモグロビン
当院規定による
(問い合わせください)
会社健康診断 ※検査内容は会社様によって変わります。 13,500円
巡回健診(出張健診) ※実施するにはいくつかの条件があります。
お問い合わせください。
お問い合わせください。
ヘリコバクター
ピロリ抗体
・ピロリ菌感染の有無 2,000円
じん肺健康診断(保険証) ・尿検査
・胸部レントゲン
3,500円
電離放射線健康診断 ・問診
・胸部レントゲン
・血液検査
3,000円
ヤクルト健康診断 500円

美容注射

美容注射 写真

プラセンタ療法

1回:1,200円 / 11回(回数券):10,000円

・プラセンタ療法

「プラセンタ療法」とは、胎盤から抽出された有効成分のエキス「プラセンタ(胎盤エキス)」を用いて、さまざまな疾患や体調不良等の治療を行うことを言います。
基本的には自費診療になりますが、肝疾患・更年期障害・乳汁分泌不全に対するプラセンタ療法は、健康保険適用となります。
また、プラセンタ療法には注射と内服の2種類があります。

・プラセンタ療法で期待される効果

プラセンタ療法で期待される効果として下記のものが挙げられます。
・美白、シミ、シワ、くすみ、乾燥肌など美容効果
・アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー改善
・生理不順、生理痛、便秘、冷え性など女性特有の症状の緩和
・肩こり、腰痛、ひざ痛などの整形外科的効果
・自律神経失調症、不眠症など心療内科的効果
・そのほか、疲労回復、免疫力向上、健康維持

・プラセンタ療法の副作用

プラセンタ注射の歴史は60年近くになりますが、その間に重大な副作用が起こったという報告はありません。
インフルエンザワクチン接種時と同様に、注射部位の発疹やかゆみ、内出血、上腕部のだるさなどが起こる場合はありますが、数日でおさまります。
また、2006年以降、ヒトプラセンタ注射の経験者は献血ができなくなりました。これは、牛海綿状脳症(狂牛病)との関連性が指摘されたvCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の検査方法が確率していないため、「感染リスクは極めて低い」としながらも、念のための暫定処置として厚生労働省が通達したものです。

にんにく注射

料金:2,000円

・にんにく注射とは

にんにく注射の主成分はビタミンB1。と、グリコーゲンが含まれています。さらにクリニックによって他の種類のビタミンを追加しクリニックオリジナルのにんにく注射が存在しています。
ビタミンB1とグリコーゲンの成分とほぼ同じものがニンニクにも含まれていることから、「にんにく注射」と呼ばれるようになりました。

・にんにく注射の効果

ニンニク注射の主成分であるビタミンB1の一番の特徴は、糖を確実にエネルギーに換える働きがあるということがあります。
実はこの働きはプラセンタ療法では得られない効果のため、疲労回復としてはプラセンタ療法よりもにんにく注射をおすすめされています。
また、ビタミンB1が不足すると肥満につながるということがわかっています。
なぜなら、ビタミンB1が無いと糖はエネルギーにかわることができずに、変わることができなかった分がそのまま脂肪として蓄積されていくしかないからです。
また疲れやだるさの原因は乳酸という、筋肉に滞る疲労物質です。ビタミンB1は、乳酸を除去する効果と、血行促進&新陳代謝活性の効果も持っています。
つまり、ビタミンB1が不足していることが、疲れが取れない理由のひとつ。ということになります。
ビタミンはサプリメントやドリンク剤の経口(口から摂取)でも補うことが可能ですが、腸の吸収力がにぶくなっていたりすると体に行き渡らずに排出されてしまいます。
注射や点滴で高濃度なビタミンを静脈注射して血液から摂取することで即効性があり、血流にのって全身に行き渡るので、確実な効果が期待できます。 また、さらなる即効性を求めて、お尻に皮下注射する場合もあります。

・ビタミン注射とは

ビタミン注射とは、ビタミンB、C等の不足しがちなビタミンを注射(点滴の場合もある)にて補う療法であります。ビタミンBの効果としては疲労回復などに効果があると言われ、ビタミンCの効果としては美容や貧血に効果があると言えます。その中でビタミンB1を主成分としたものをにんにく注射と言います。

ED外来

ED外来 写真
ED治療薬の入手方法は2つ。 「クリニックで診察を受け正規品を処方してもらう」か「輸入代行業者を利用しネットで購入する」か、このどちらかがあります。 勃起不全の治療薬という薬の特性上、ネットで購入するという人も少なくないのが現状ではあります。 しかし、どんなに簡単に購入できるからといって、ネットショッピング気分でED治療薬に手を出すのは非常に危険です。 なぜなら、ネット内で取引されている薬の6割は偽造品です。正規品に似た偽造品も多数あります。

当院では正規品を処方しておりますので、安心してご購入下さい。

シアリス

料金:2,100円(20mg 1錠)

シアリスとは経口のPDE5阻害剤で、従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違い、投与後36時間まで有効性が認められています。また、一度体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けないという特徴もあります。
例えば金曜日の夜に服用すれば、日曜日の昼間まで長時間作用します。このことから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

バイアグラ

料金:2,100円(50mg 1錠)
料金:1,700円(25mg 1錠)

バイアグラはいわゆる精力剤や媚薬のようなものとは異なっており、性的な興奮を増大させるものではありません。血流を改善して勃起を促進するためのものです。従って、そもそも陰茎の無い女性には効果がありません。あくまで、男性の勃起を補助するためのものです。