整形外科|町田の在宅医療・訪問診療・往診・緩和ケアのご相談は良藤醫院へお問い合わせください。

医療法人社団大瑛会良藤医院

整形外科

整形外科とは

整形外科が対象とする疾患は非常に幅広く、スポーツ障害や労働災害、交通障害、捻挫や骨折などの外傷、小児整形外科など全てが含まれています。
そこで行なわれている治療内容も多岐にわたり、手術や薬物療法、リハビリなど症状や病態に合わせて適切なものが選択されることになります。

どんな時整形外科にかかればいいの?

整形外科は外傷や日常生活で生じる痛みを診療するものになります。具体的に言うと骨折や脱臼、打撲、切り傷などの外傷あるいは、肩こりや腰痛、関節痛などの日常的に生じる身体の痛みや違和感なども含まれていて、それに対して整形外科は病気やけがを治すだけでなく、動機能をもとに戻すためのリハビリテーション(リハビリ)も治療内容に含まれています。つまり、整形外科では外傷・病気になった際に、外傷・病気になる前の状態、今まで通りの生活を行うことができる状態まで戻すことを目的とした治療を行っています。

形成外科と整形外科の違いとは?

形成外科とは身体表面に対して治療することを目的とした診療科です。例えば体にできたあざや、やけどの跡等体の見た目における不調を治療することを目的としています。
整形外科では体の機能を元の状態に戻すことを目的とした治療を行っております。

接骨院と整形外科

接骨院では接骨医と呼ばれることもあるため医師であるイメージを持ってしまいますが、正確には「柔道整体師」と呼ばれる資格で医師ではありません。そのため接骨院で行われるのは医療行為ではなく、外科的療法・薬物療法ではなく応急的・医療補助的な方法でその状態を回復させることを目的に行います。また、脱臼、骨折に対して施術を行う場合医師の同意が必要になるため、柔道整体師が医師の同意なしで行える施術は捻挫と打撲のみに限られます。

PageTop